FC2ブログ

今年も名古屋場所とともに…

6月11日(月)、高蔵コミセンにお邪魔しました 来月の8日(日)には大相撲の名古屋場所が始まります ということで、今やおひさまクラブの夏の風物詩となった藤本緑春先生による相撲甚句の季節が もう7年目を迎えるこのレクリエーションを、参加者さんたちはとても楽しみにされているんですよね

今年もお楽しみの!
今年はこの日を皮切りに、10月にかけて全会場を回っていただきます 例年通り参加者さんたちとサポータさん、そして私たち職員のためにオリジナルの歌詞カードを作ってきてくださいました 表紙には、過去5年(24年と27年のものはパソコンの不調で載せられなかったとのこと)の集合写真をレイアウト 「作っている時も楽しいですよ」とおっしゃっていました

オリジナルの歌詞カードを見ながら…
実際に巡業などで唄われているものから、おひさまクラブのために作られたものまでを先生と一緒に 甚句は節目節目に、「ホイ」や「アードスコイドスコイ」といった合いの手を入れます この会場には男性参加者さんが多いので、野太い声が響き渡って本当にお相撲さんが来て唄っているようでした

拍子木を持ってきていただいたので…
拍子木を3組持ってきてくださいました 過去にお邪魔した会場では、恥ずかしがって打ったらすぐに次の方へ回される方が目立ちましたが、好奇心旺盛というか何というか、ここの参加者さんたちは積極的に 一番後ろに座られていた方は、早く打ちたくてウズウズしていました

お相撲の四方山話を!
甚句と甚句の間には、お馴染みの相撲四方山話をしていただきました 今回は、行司さんや呼び出しさんのお仕事について 両方とも定員が45名で、懸賞旗を持って土俵を一周するのはテレビ中継で呼び出しさんの仕事だと知っていたのですが、場内放送は行司さんがやっていたとは…

休憩中に…
おトイレ休憩の時にも、藤本先生のもとに駆け寄ってお話しをされていた参加者さんが 先生は実際に、元大関の若島津の二所ノ関部屋に出入りされているということで、先場所優勝した鶴竜に唯一土をつけた所属の松鳳山の活躍を嬉しそうに話されていました この日も、四股名が入った浴衣から作ったというはっぴを

当地興行で締めを!
相撲甚句の締めは当地興行で ―アー折角なじんだ皆様と(ホイ)今日はお別れせにゃならぬ(ホイ)いつ又どこで会えるやら(ホイ)それともこのまま会えぬやら(ホイ)思えば涙がポローリポロリと(アードスコイドスコイ)― また、先生の美声と楽しいおしゃべりが聴けることを首を長くして待っていますね

先生を囲んで…
先生を囲んで記念写真を撮りました 今年も名古屋場所の前日の7月7日(土)、午前10時よりドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で土俵まつりが、続いての13時より中日ビルで前夜祭として相撲甚句の発表会が行なわれるそうです 他の会場では「去年面白かったから」と言って、私に日時と開始時間を聞いてきた参加者さんがみえました

レクの終わりに…
最後に先場所の番付表を2枚持ってこられていたので、欲しい方たちによるジャンケン大会が行なわれていて、一喜一憂の声が上がっていました また、おひさまクラブからお礼として差し上げた集合写真などをちりばめた、過去6年分の色紙も 参加者さんたちやサポーターさんたちは、それらを懐かしそうに見られていました
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

熱田区社協

Author:熱田区社協
「おひさまクラブ」ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR