FC2ブログ

今年も朗読の時間で癒しを!そして…

7月6日(木)、白鳥コミセンにお邪魔しました この日のカリキュラムは、藤本緑春先生の相撲甚句と並ぶ夏の風物詩、“朗読グループR”さんの朗読の時間(毎年全8会場を回っていただいており、今年はこの会場からスタート) 参加者さんたちはもとより、昨年初めて聞いてファンになったというおひさまクラブ2年目の支援員も楽しみにしているんですよ

今年も朗読グループRさんが…
光陰矢の如し…、今年で早いもので9年目に(当ブログに登場してからは6年目) 事務局と同フロアにある熱田区デイサービスセンターで朗読のボランティアをされているところに、前支援員が声を掛けさせてもらったのが始まりだそうです Rさんたちはおひさまクラブと同じように、同センターでも毎年行なわれているんですよね

エッセイやら、紙芝居やら…
昔ばなしから「アナンシと五」、絵ばなし「おかしなおかしなおかしのはなし」や紙芝居「だんごどっこいしょ」、絵本「きょうはそらにまるい月」などと今年も新作が目白押し 現在ベストセラーになっている、佐藤愛子さんの「90歳、何がめでたい」というエッセイも面白おかしく読んでくださいました そして「あいうえおうた」という詩を全員で

皆さん、しっとりと…
「お座敷小唄」の曲に乗せての替え歌「ボケます小唄、ボケない小唄」も一緒に歌っていました あまりにも良く出来た歌詞だったので、「うちの旦那さんがボケ始めたので、うちに帰って歌ってあげよう」と参加者さん どなたが作られたのかは分からないということですが、支援員によると認知症関連の講座や介護予防の集まりなどではよく歌われているそうです

今年もありがとうございました!
他にも、童謡「うさぎとかめ」のリズムで肩たたき 最後にはいつものようにRさん4人揃っての“面白くおかしな”別れの言葉から「ふるさと」の合唱と、楽しい楽しい朗読の時間はあっという間に終わってしまいしました 少々気が早いかもしれませんが、来年はどんな物語を聞かせてもらえるのかと今から期待しちゃったりして…

今年も女性会の皆さんがみえました!
昨年に引き続き「おひさまクラブとの交流が持てれば」と、白鳥学区の女性会の皆さんがみえました これは2年前から続いていて、お昼ごはんも用意してくださっています 前半には(お食事の準備にとりかかっていた方以外の)女性会の皆さんは参加者さんたちと同じく朗読の時間を楽しんでいて、なかには熱心にメモを取っていた方がみえました

お食事を摂りながら…
メニューは昨年同様、自家製のちらし寿司とお吸い物 参加者さん、女性会の皆さん、そしてRさん総勢40名以上の方がお食事をいただきながら、話に花を咲かせ交流を深めていました ところで、支援員が昨年食べて美味しかったということで、このレシピを聞いて自宅で作ったところ、全く別物ができてしまったそうですよ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

熱田区社協

Author:熱田区社協
「おひさまクラブ」ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR