FC2ブログ

少し足を延ばして…

11月20日(火)、千年コミセンにお邪魔しました この日のカリキュラムは、大体2ヶ月に1度の割合で組まれている参加者企画で外出を 行き先とその目的は後述するとして、まずはいつものように会場に集まって名古屋市からのアンケート用紙に記入をしていました(おひさまクラブは名古屋市からの委託事業なのです

今回は外出企画
今年の夏は記録的な猛暑となりましたが、暮れに向かうにつれ秋らしい秋に そして日に日に寒くなりながらも、この日は一面に晴れ渡り、歩くには心地の良いお出かけ日和となりました コミセンを出て目的地までの道すがら、緑色に生い茂った木々を見ながら、参加者さんたちは歩を進めていました

行先は…
今回の目的地は歩いて5分ほどのところにある、イオンタウン千年 参加者さんたちはもちろん、この地域の方のお買い物場所となっているとのことです 先導していたスタッフが通り沿いから入ろうとしたところ、皆さん、口をそろえるようにして「こっちからでも入れるよ」と逆にスタッフを誘導していました さすが、地元民ですね

いきいき支援センターの出張相談で…
一階の催事場のところで、熱田区社協の事務局に入っている熱田区いきいき支援センターが出張相談所を開設していました 同センターの社会福祉士さんの企画によるもので、ココでの健康チェックが今回の目的 到着した時にはもうすでにお買い物客で賑わっていて、その中には他コミセンの参加者さんの姿がありました

健康チェックをしてもらいました!
チェック項目は4つで、脳年齢と骨密度、体脂肪に血圧測定でした 血圧がやや高めの方や、骨密度と体脂肪は年相応といった方が多かったのですが、脳年齢テストに関しては、皆さん、5歳から10歳若いという結果が 日頃のご自宅周辺での運動と、健康体操や脳の活性化に通じるカレンダー作りなどおひさまクラブでの活動のたまものですね
スポンサーサイト

サポーターさんが薬のお話を…

11月8日(木)、旗屋コミセンにお邪魔しました この日のカリキュラムは、大体2ヶ月に1度の割合で組まれている参加者企画 なお会場に入ると、机が真新しくなっているのが目につきました 準備もろもろはサポーターさんが主に行なっているので、今までの重くて動かしにくい机と比べると、「スムーズに動いて本当に助かるわ」と大喜び

サポーターさんが薬のお話しを!
昨年よりお手伝いをしてくださっている男性サポーターさんの本業は薬剤師 そこで今回、このサポーターさんにお薬のお話をしていただくことになりました おひさまクラブの8会場を見回しても、若い男性がサポーターを務めているのはココだけ 参加者さんたちのパワーに圧倒されているせいか、いつもは大変おとなしい方なんですよね

飲む時間や効能などを…
薬によって飲む時間が違っているのはなぜなのか、そして飲んだ後にはどのような効果が表れるのか等をプロジェクターを使って分かりやすく説明してくれました 薬剤師は薬を飲みやすくするために、出来る範囲で加工をしてくれるとのこと ほかにも、医療保険に関する大人の事情も教えてくださいました

参加者さんたちからは質問が!
「この中で、毎日お薬を飲んでいる人は」との問いかけに、手を挙げた方はほぼ全員 ひと通りの講義が終わった後には、ご自分に処方されているお薬や、市販薬についての質問が飛んでいました またお薬に関して病院では聞けないことも、お医者さんへの橋渡しができるので、「まずは相談をしてみてください」と最後に また一つ、旗屋コミセンの参加者さんたちには心強い味方ができましたね

名古屋弁かるたでほっこりと!

8月21日(火)、大宝コミセンにお邪魔しました まんべんなく各会場を回っているつもりが、ここに来たのは今年の1月以来 あと1ヶ月ちょっとで平成30年度前期の活動が終わろうとしているのに初訪問ということで、妙な懐かしさがあふれてきました

参加者さんが持って来てくださいました!
この日のカリキュラムは、大体2ヶ月に1度の割合で組まれている参加者企画 参加者さんの中のお一人がご自宅から4セットも持ってきてくださり、4島に分かれて“名古屋弁(ことば)かるた”を楽しんでいました ちなみに熱田区社協でも保有していて、地域交流のツールとしてサロンなどに貸し出しを行なっています

皆さん、楽しんでいました!
「えらゃーけど ケッタマシンで ちゃっと行こ」、「みるたんび 鉛筆いっつも ときんときん」、「とろくさゃー たーけたことを 言やーすな」などなど 馴染みのある参加者さんたちも、思わずプーッと吹き出していました 「面白いなぁ~」という声も聞かれ、会場内はほのぼのとした雰囲気に

県外出身の方は…
参加者さんほどではないですけど、長年名古屋に住んでいる私も“かみいさん”や“へんねしい”、“まめかゃーも”などは何のことだかさっぱり分かりませんでした なので当然のように、北海道出身の方はちんぷんかんぷんのご様子 1枚1枚、近くにみえた方に意味を訪ねていました

初耳の名古屋弁も…
2回戦を行なった後、その名古屋弁がどういった使われ方をするのか、バリバリに使ってらっしゃる皆さんに教えてもらいました この地方では鶏肉のことを“かしわ”と呼んでいて、「てっきり標準語だと思っていました」と支援員 その他にも“車校”もこの辺では普通に使っていますが、どうやら全国区ではないようですね

少し時間があったので…
時間がちょっと余ったので、サポーターさん曰く“ちょうだいゲーム”というカードゲームをやっていました 数種類の食べ物が書かれたカードをお隣さんから譲ってもらい、同じものを5枚集めるというルール 記憶力がものをいい、脳を活性化させ認知症予防につながるということです なお、今回の記事で出てきた名古屋弁の意味はネットなどでお調べくださいネ

茶話会を開いていました!

4月9日(月)、高蔵コミセンにお邪魔しました この日のカリキュラムは、大体2ヶ月に1度の割合で組まれている参加者企画 今月より新しい期を迎え、そして新人さんも入ってきたこともあって、サポーターさんの発案により茶話会で交流を深めていました

新しい支援員です!
今年度からおひさまクラブに新しい支援員が加わり、この日が高蔵コミセン参加者さんたちとの初対面 他区の社協でサービス提供責任者として働いていたこともあり、支援員になってみたかったということです 男性参加者さんのお一人から、「か~わいいなぁ~」という声が飛んでいました

新しい期が始まったということで…
前の週にサポーターさんたちが、10種類ほどのお菓子の買い出しに行かれたそうです それらをお供に、自身の近況やら学区での催し物などお話に花を また1年ぶりに復活された方がみえ、満面の笑みで「またここに戻ってこられて嬉しい」とおっしゃっていました

支援員を囲んで…
早く皆さんに溶け込もうと、支援員は各島を回りお話しの輪の中に 参加者さんたちもやさしく迎え入れ、「どこに住んでいるの」とか「おいくつですか」などとさまざまな質問をされていました 特にある男性参加者さんは目じりを下げ、またある方は目を輝かせながら会話を楽しんでいたような…

間違い探しもやりました!
宴もたけなわとなったところで、脳トレということでたまに行なっている間違い探しをやっていました 今回は2種類のクイズを ボケとか認知症などどこ吹く風といった参加者さんたちは、簡単なものはもとより難しい問題もあっという間に答えてしまい、「もう少し難しいものを持ってきてほしい」と訴えていました

優勝トロフィーが飾ってありました!
先月、年度の最後を彩る会場対抗ボッチャ大会が熱田区役所7階講堂で開催され、高蔵コミセンチームが見事優勝しました そして会場内には、燦然(さんぜん)と輝く優勝トロフィーが これを手放すことなく、さらにボッチャの腕を磨き連覇を目指して頑張ってくださいね

高齢者施設の勉強会を!

12月8日(金)、野立コミセンにお邪魔しました この日は参加者さんたちの強い要望による、高齢者介護施設や老人ホームなどについての勉強会 介護施設の種類と特徴や、介護の窓口「ケアまど」(愛知県や名古屋市の高齢者介護施設・老人ホーム紹介センター)での相談実例を紹介していただきました

㈱リーフビジョンの方が…
講師として、株式会社リーフビジョンのケアまどコーディネーターの方をお招きしました 11月11日の介護の日に中区栄で開催されていた“介護フェア”に参加されていて、そこに遊びに行っていた支援員が声を掛け実現 講師の方も、「前々から地域でのこのようなセミナーをしたいと考えていた」とおっしゃっていました

介護施設の種類と特徴、などなどを…
知っているようで知らない高齢者施設 公共性の高い特別養護老人ホームから、民間の有料老人ホーム、最近よく耳にするサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)まで幅広くあるそうです それぞれの入居環境や利用料金などの違い、選び方のポイントを教えてくださいました また、実際にあった入居する際のお話も

皆さん、メモを取りながら!
参加者さんたちは熱心にメモを取りながら、ケアまどコーディネーターさんのお話を聞いていました やはり一番興味を持たれたのは月額利用料の箇所で、高いところでは30万円以上はするとか 笑顔を交えながら、「そんな場所には住めないわねぇ~」と周りの方たちと話されていました

他社紹介センターとの違いを…
社会福祉士などの福祉に関する資格や、宅地建物取引士などの住まいに関する資格を持っているというケアまどコーディネーターさんは、言うなれば各高齢者施設の営業マン なので、相談料などの利用料金は一切かからないとのこと 施設見学には同行してくれ、必要であれば福祉車両による送迎も対応可能ということです

個人的に質問を!
最後に、質問タイムがありました 「この際だから」と、質問を畳みかけていた参加者さんがみえました お元気なおひさまクラブの参加者さんたちにはまだまだ関係のない話だとは思いますが、ご親戚やお友達にもしものことが起こった場合には大いに役立つかもしれませんね
プロフィール

熱田区社協

Author:熱田区社協
「おひさまクラブ」ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR