FC2ブログ

良いお天気にも恵まれて…

おひさまクラブでは毎年前期(4月~9月)は春に、そして後期(10月~3月)は秋に、参加者さんたちが楽しみにしておられる社会見学に出かけています 平成30年度の秋は10月19日(金)、22日(月)、30日(火)、11月1日(木)に実施 4日間とも青空が澄み渡り、行楽の秋という言葉がピッタリとくるような絶好のお出かけ日和となりました

今回の目的地は…
今回訪問した場所は、熱田区のお隣の瑞穂区にある“ブラザーミュージアム”(おひさまクラブでは初です) ここは平成17年3月に“ブラザーコミュニケーションスペース”としてオープンしたブラザー工業の展示施設で、今年の1月22日に一部展示のリニューアルに伴い名称を変更 上空から見ると、ミシンの形をしているそうですよ

地下鉄を降りてすぐ!
私は火曜班の大宝コミセンと千年コミセンの参加者さんたちと一緒に、10月30日(火)に出かけました 毎回公共の交通機関を使って行動していますが、今までの社会見学と比べると比較的近距離なので、一番近い待ち合わせの駅からは一駅 名古屋市営地下鉄の堀田駅から歩いて3分のところにあります

最初に大型スクリーンで…
入館してすぐ入った“コミュニケーションゾーン”には大画面スクリーンがあり、ブラザー工業の歴史から現在作られている製品、どのようにして社会に貢献しているかなどが映し出されていました 兄弟が力を合わせて成果を出し、主に女性が使っていたということでシスターと付けたかったらしいのですが、他に商標登録がありブラザーになったそうです

職員さんのガイドで…
大宝・千年と二手に分かれ、職員さんのガイドで館内を見て回りました 体験ゾーンではカラオケボックスではお馴染みの“ジョイサウンド”が置いてあり、一人カラオケでも寂しくないような通信システムの説明が またボタン一つで縫うことができる高性能ミシンの値段が80万円と聞き、参加者さんたちは皆ビックリしていました

懐かしいものがいっぱい!
続いて、ヒストリーゾーンとミシンゾーンに ミシンゾーンには初めて造られたというミシンが展示してあり、現在世界にはこれを含めて2台しかないそうです この珍しいミシンをケイタイに収められていた参加者さんや、少年・少女時代に使ったことのあるものを前にして、昔話に花を咲かせていた方がみえました

体験ゾーンで楽しんでいました!
ひと通りの説明が終わった後、30分ほど自由行動 皆さん、体験ゾーンに戻り、先ほどの高性能ミシンで刺しゅう体験や撮った写真で印刷体験を楽しんでいました 中でも人気だったのはネームシールの作成体験で、職員さんや支援員とスタッフのアドバイスのもと、ご自分の名前のシールを作りケイタイやカバンなどに

社会見学が終わって…
約2時間歩き回って、やれやれと 灯台下暗しとはこのことで、「こんな楽しいところがあったなんて」とか「近いのでまた来ようかしら」とおっしゃっていた参加者さんがみえました ブラザーイコールミシンということで、「ミシン以外のものも作ってるのね」といった感想も そして社会見学が終わった後は、もう一つのお楽しみとなっているお仲間同士のランチタイムで、飲食店が建ち並ぶ金山へと向かわれました
スポンサーサイト

久屋大通庭園フラリエに行ってきました!

おひさまクラブでは、毎年前期(4月~9月)は春に、そして後期(10月~3月)は秋に、参加者さんたちが楽しみにしておられる社会見学に出かけています 平成30年度前期の目的地は、中区矢場町にある久屋大通庭園フラリエ 3年前に続いて3回目(初回の時は“ランの館”という名前でした)の訪問となります

今回はフラリエに!
今回の社会見学は、5月11日(金)・14日(月)・15日(火)・17日(木)に実施 私は11日に、金曜班の野立コミセン・船方コミセンの参加者さんたちと出掛けました 屋外がメインの施設に出掛ける時には、お天気だけが悩みの種 が、そんな心配もどこへやら…

入り口の手前で…
この日は多少の暑さはあったものの、まあまあの行楽日和となりましたが、月曜班と火曜班の時には、春を通り越して真夏のような陽気だったようです 澄み切った青空のもと、入り口のところで全員揃ってハイチーズ 童心に戻ったかのような高揚感が、どのお顔にも表れていました

入ってすぐに華やかなお花が!
施設内に入ってすぐのところで、高価そうな胡蝶蘭と素敵なカーネーションが参加者さんたちをお出迎え ウットリと見つめている方がいれば、現実的なお話をしている方もみえました そういえば、この2日後の13日(日)は母の日だったんですね(カーネーション群の下に“ハッピーマザーズデイ”と英語で書いてありました

ガイドボランティアの方たちが…
今回は、ボランティアの方たちに園内のガイドを 2組に分かれ、参考になる写真や絵を指さしながら分かりやすく解説をしていただきました クラウドファンディングでの支援によって、「西洋シャクナゲの森」がフラリエの新たな名所にといった計画が またガイドボランティアさんによれば、名古屋の中心地であるにも関わらず野生の鳥(メス)が子育てのために飛来してくるそうです 

マイナスイオンをたっぷり浴びて…
園内を1時間弱かけて歩き、そして緑から降り注ぐマイナスイオンをたっぷり浴び、最後にカラフルなバラが咲き誇っていたハーモニーガーデンでゴール なおこの日は新しい支援員の初社会見学 当然といえば当然ですが、勝手がわからず少々戸惑っていました

皆さん、ご苦労様でした!
おひさまクラブの社会見学は、大体11時半頃に終わり現地解散という運びになっています その後はこれもお楽しみの1つ、「せっかくここまで来たのだから」と各会場の参加者さんが集ってランチに 最終日の午後2時前、偶然に社会見学帰りのサポーターさんにお会いしました 「松坂屋でランチを食べてきたの」と嬉しそうに

記念写真を撮りました!
最後に、入り口で撮った記念写真をドーンと 女性が多い参加者さんやサポーターさんにとって紫外線はお肌の天敵ということで、暑さを除けば良い社会見学となりました ちなみにこのフラリエという愛称は「ふらり」+「フラワー」+「アトリエ」の造語で、「ふらりと立ち寄れる花いっぱいのアトリエ」という意味なんだそうです

名古屋城に行って来ました!

毎年上半期(4月~9月)には春に、下半期(10月~3月)には秋に、参加者さんたちが楽しみにしておられる社会見学があります 平成29年度下半期の目的地は、名古屋の観光スポットとして不動の人気を誇る名古屋城 4年前の下半期にも訪れており、おひさまクラブとしては2度目の訪問となりました

今回の社会見学は…
日程は10月12日(木)・13日(金)・23日(月)・24日(火)の4日間でした そして今回、私が同行させてもらうのは最終日 大宝コミセン・千年コミセンの参加者さんたちとともに出掛けることになっていました 前の週に台風21号が発生したことで、行けるかどうかとヒヤヒヤしましたが…

台風上陸でヒヤヒヤしましたが…
台風はギリギリ去ったのですが、まだ暴風警報が出ていたことにより、前日に行く予定だった月曜班(高蔵コミセンと研修室)の社会見学は残念ながら中止に(名古屋城も午前中は閉園でした) 一転この日は暑くもなく寒くもないという、お出かけをするには最適な陽気となり、火曜班の皆さんはホッと胸をなでおろしていました

ガイドボランティアさんにお願いを…
参加者さんたちに名古屋城をより深く知っていただこうと、常駐しているガイドボランティアさんに案内役を 挨拶をされた後に、大宝コミセン担当となった方が「美人さんばかりで、緊張してしまうなぁ~」と言って、皆さんから笑いを誘っていました ちなみにガイドは無料で、少人数であれば予約は不要ということです

園内を見て回りました!
ガイドボランティアさんの楽しいおしゃべりとともに東門から二之丸経由で 途中、パワースポットがあるという二之丸広場に行きました かの有名なご長寿双子姉妹の“きんさんぎんさん”が1本ずつ植樹されたという桜があり、「これに触れば、さらに長生きができますよ」との説明を 参加者さんたちは、お祈りを込めるように触れていました

絶景ポイントだそうです!
表二之門を通って、この社会見学での最終目的地である本丸御殿へ向かいました とある場所に集められ、約45度上空を指さしながら「ここが園内でも有数の絶景ポイントなんですよ」と自慢そうに語るガイドボランティアさん その指先を追ってゆくと、そこには本丸御殿越しの名古屋城が見えました

本丸御殿へと!
本丸御殿の中に入っていくと、そこは見渡す限りのヒノキと金屏風で埋め尽くされ、まるで幻想的な世界に足を踏み入れているような感じがしました まだまだ現在進行形の復元工事ということで、4年前には見ることができなかった場所も まだ1部見られないところもあり、平成30年には全面公開の運びになっているそうです

ここで解散して…
本丸御殿を出て、お城の見えるところで現地解散 ちょうど菊花大会が開催されていたこともあり菊を鑑賞されに行かれたグループや、天守閣へと向かわれた方々、そしてせっかくの機会ということで美味しいランチへと繰り出されるなど四方八方に散らばっていきました 歩き疲れた感覚があったので、ある参加者さんの万歩計を覗いてみると4000歩近くに …皆さん、お疲れ様でした

NHK名古屋放送局へ行ってきました!

おひさまクラブでは、毎年前期(4月~9月)は春に、そして後期(10月~3月)は秋に、参加者さんたちが楽しみにしておられる社会見学に出かけています 平成29年度前期の目的地は、名古屋市東区にあるNHK名古屋放送局 このブログ開設以前、つまり私が関わる前のことですが、7年前の秋にも1度訪れたことがあるそうです

金山駅で待ち合わせ…
今回の社会見学は、5月10日(水)・16日(火)・18日(木)・19日(金)に実施 1日目はなんとかお天気も持ちこたえ、2日目以降は絶好の行楽日和となりました 私は木曜班(白鳥コミセン・旗屋コミセン)に同行 この日が来るのを楽しみにされていたらしく、待ち合わせ場所の1つである金山駅に着いた時には、もうすでにウキウキモードの参加者さんの姿が見られました

いざ、目的地へ!
地下鉄「栄」駅を下車し、オアシス21を経由してNHK名古屋放送センタービルへと向かいました いざという時のために毎回いきいき支援センターの看護師さんに付き添ってもらっているのですが、今回は同センターで実習中の女子学生さんも参加 参加者さんたちは歩きながら、うら若き学生さんたちとの会話を楽しんでいました

放送体験スタジオ“わくわく”の前で…
センタービルに到着し、1階にある放送体験スタジオ「わくわく」の前で記念写真を撮りました(ちなみに、NHK名古屋放送局はセンタービルの1階から5階を専有しているということです) せっかくですので、この記事の終わりの方に載せたいと思います もちろんこの日だけでなく、全会場の皆さんを

“わくわく”の中を見て回りました!
11時からのガイド役の職員さんによる施設見学までには少し時間があったので、「わくわく」内を見て回りました 臨場感あふれるスーパーハイビジョンのテレビや、ニュースキャスターを体験できるスタジオなどがあり、まさに子どもから大人まで楽しめるスペース また会場にはお母さんに抱かれていた愛くるしい赤ちゃんがいたので、参加者さんたちは自分の孫を見るかのように目を細めていました

NHKの役割は…
参加者さんたちはほとんどご存じだったようで、NHKとは日本(N)放送(H)協会(K)の略 税金を投入しての国営放送ではなく、国民の皆さまからの受信料を収入としている公共放送であることから、名古屋放送局の歴史や災害が起きた時の放送局の役割、お仕事の内容などを説明していただきました また日本全国には53の放送局があり、海外も含めて1万人以上の方が働いているそうです

スタジオ見学に!
続いて、スタジオ見学へ 2番目に広いスタジオ(上)と1番広いスタジオに案内していただきました 2つとも3階吹き抜けで、1番広いところは70坪もあるということです これらのスタジオで歌番組やドラマのセットが組まれるそうで、ほとんどの参加者さんが興味を持って聞いていた一方で、「夢が壊れちゃったぁ~」といった感想も聞かれました 確かにそれはあるかも…

記念写真を撮りました!(1)
それでは最後に記念写真を 社会見学のスケジュール終了後、月曜日から金曜日の午前11時30分より公開生放送の番組「東海北陸フレッシュ便“さらさらサラダ”」を見ることができました この日のゲストは、世界的なカウンターテナーとして有名な米良美一さん そういえばスタジオに行くときに「米良美一」という文字が目に入りまさかとは思いましたが、実物が見れるなんて本当にラッキーでした

記念写真を撮りました!(2)
おひさまクラブの社会見学は、基本的に現地解散です 公開生放送が終わりその場で皆さんをお見送りをして、私たち職員も地下鉄の駅まで戻る途中、センタービルの地下にある食べ物屋さんの前で並ばれている参加者さんやサポーターさんが続々と 皆さんにとって、違うエリアでのランチというのも、この社会見学の楽しみの1つなんでしょうね

市政資料館に行ってきました!

おひさまクラブでは、毎年上期(4月~9月)は春に、下期(10月~3月)は秋に社会見学へと出かけています 今回の目的地は、名古屋市東区にある市政資料館 春の社会見学は高蔵コミセン・研修室の月曜班の時に雨が降り、屋外ということでやむなく中止となってしまいましたが、今回は4日とも良いお天気で絶好のお出かけ日和となりました

名古屋市役所のすぐそばです!
今回同行させてもらったのは10月14日の金曜日で、野立コミセン・旗屋コミセンの参加者さんたちが出掛ける日でした(前回も同じく、金曜班と一緒に)市政資料館は名古屋市の観光名所「文化のみち」(名古屋城から徳川園にかけての一帯)の一角で、市営地下鉄名城線の「市役所」駅を降りて東へ徒歩8分のところにあります

現地で待っていると…
参加者さんたちとは別に、少し早めに熱田区を出発して現地で待っていると、10分ほどして地下鉄の方から大集団が 私のことを確認すると、大きく手を振ってくださいました この日を楽しみにしていたかのように、また童心に戻ったかのように、皆さんの表情にはコミセンでは見られないような満面の笑みが

国の重要文化財だそうです!
市政資料館は、1922年に当時の名古屋控訴院・地方裁判所・区裁判所として建設 1979年に名古屋高等・地方裁判所が移転した後、歴史的背景と建築美をもつこの建物を残そうという要望により、1989年整備・再生されたということです また1984年には国の重要文化財として指定も(以上、パンフレットより

職員の方が案内を!
職員の方が入ってすぐの中央階段室、様々なお部屋の用途やその中に展示してある名古屋市の公文書などを説明してくださいました 外観はもちろんのこと、内部の素晴らしさと言ったら、それはもう 日本には高等裁判所が8ヶ所あるということですが、建てられた頃の形として残っているのが名古屋と北海道だけということです

他会場もチラッと!
スタッフにカメラを託してあったので、他の会場の様子もチラッと 高蔵コミセン・研修室の月曜班は10月12日(水)に、白鳥コミセン・の旗屋コミセンの木曜班は翌13日(木)に、そして大宝コミセン・千年コミセンの火曜班は翌週の18日(火)に出掛けました なおここも例外ではなく月曜日が休館なので、月曜班は水曜日に

記念写真を撮りました!(1)
最後に全会場の記念写真をズラーっと 少し堅いイメージを持っていましたのでどうなることかと思いましたが、職員さんの分かりやすく楽しい解説もあって、「良かったわぁ」との声があちらこちらから聞かれました とにもかくにも今回も一人のけが人も出ることなく、4日間にわたる社会見学が無事終了し、ホーっと一安心

記念写真を撮りました!(2)
おひさまクラブの社会見学は現地解散です 「せっかく来たのだから」と施設の見学を続ける方や日なたでおしゃべりに夢中になっている集団もちらほら そして社会見学でのもう一つのお楽しみが、栄や金山などといったランチのできるお店が立ち並ぶ街に出てのお食事 場所と日程が決まってから、ランチの計画される方もみえるんでしょうね
プロフィール

熱田区社協

Author:熱田区社協
「おひさまクラブ」ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR