FC2ブログ

1月のカレンダー作り

1月21日(金)、船方コミセンにお邪魔しました この日のカリキュラムは、参加者さんたちが楽しみにされている毎月恒例のカレンダー作り 他会場のことですが、カレンダー作りの時にやむを得ず休まれた方がみえて、どうしても作りたいとサポーターさんにお願いをし、翌週のおひさまクラブ活動終了後に教えてもらっていました

1月のカレンダーの見本
1月といえば……日本人ならやっぱりこれ、お正月ですよね ということで、平成31年の干支であるイノシシと、紅白のツル・金屏風・銀屏風といったおめでたいものに、しめ飾りを飾り付けることにしました 毎年そうであるように、1月のカレンダーはどうしてもおめでたいもののオンパレードになってしまいますね

イノシシを作りました!
まず最初に、琥珀色の折り紙でイノシシを作っていました 干支はお隣の中国から伝わり、その中国では十二支の一番最後に来るのはイノシシではなくブタ しかし、意外なことに当時の日本にはブタが存在していなかったため、姿かたちが似ているという理由でイノシシになったということです

ツルを作りました!
続いて、赤色と白色の折り紙でツルを作っていました カレンダー作りではよく登場してくるこのツルですが、その時どきで折り方も微妙な違いが 女性参加者さん、特にベテランさんなどはスイスイとこなされていたのとは対照的に、日の浅い男性参加者さんは少々苦戦をされていました

もう一つのお楽しみ!
カレンダー作りの時にはお楽しみがもう一つ、季節を感じるイラストand暦を3種類の中から選んでもらいました この会場では、お正月らしく門松や破魔矢が入ったものが一番人気 そのイラストや暦に色を付けながら、「今年もいい年になって良かった」と満面の笑みでおっしゃっていた参加者さんがみえました

この会場でも…
カレンダー作りなど手芸の時のおひさまクラブならではの風物詩、作業が早い参加者さんやサポーターさんが少し戸惑っておられる方のフォローに回るという、他の会場と同じような微笑ましい光景がみられました 現代社会の孤立が問題になっている昨今、こういった光景は何度見ても心温まるものがありますね

屏風を作りました!
最後に、金色と銀色の折り紙で屏風を作っていました デリケートなこの2種類のものを山折り谷折り、おまけに細かいところの糊付けと、見ているだけでも大変な作業もベテランさんにかかっては、必須アイテムの定規や洗濯バサミを使いながら淡々と そして残った琥珀色の折り紙と緑色の折り紙でしめ飾りを作り、これで全パーツの出来上がり

出来ました!
それではおひさまクラブ恒例の、出来上がったご自分の作品との2ショット写真を撮らせてもらいました 残念ながらお二人ほど、シャッターチャンスに目を… なおこの日が船方コミセンでの今年最後の活動日で、帰り際には「今年もお世話になりました」「来年もよろしくね」といった言葉が飛び交っていました

入り口には…
またクリスマスも間近ということで、入り口を入ってすぐのところに華やかなクリスマスツリーが飾ってありました 参加者さんやサポータさんの心を躍らせるかのように、優しくお出迎え この日の午後のおひさまクラブは、クリスマスとお正月を一度に味わった2時間ちょっとでした
スポンサーサイト

11月のカレンダー作り

10月23日(火)、千年コミセンにお邪魔しました この日はおひさまクラブの大人気カリキュラム、毎月恒例のカレンダー作り 猛暑の夏はどこへやら、秋に入り変わりやすいお天気に加え寒暖差も大きいので、参加者さんたちはもちろんのこと、全国のご高齢の皆さぁ~ん、体調管理にはくれぐれも気を付けてくださいね

11月のカレンダーの見本
11月といえば…、秋の深まりとともに紅葉が見頃を迎える季節ですよね ということで、色づいた葉っぱと、食べることが大・大・大好きな支援員が毎月必ず入れるようにしている食べ物シリーズからリンゴとドングリ、そして「イメージが秋」との理由でキツネを飾り付けることにしました

キツネを作りました!
まず最初に、黄色の折り紙でキツネを作っていました 冒頭で支援員がこれから作っていくものを説明したところ、これが何か分からなかったらしく「あれ、キツネなの」との声があちらこちらから 折り上がった後には、可愛く見えるようにとクレヨンなどで表情を書き入れていました

トマトとドングリを作りました!
次に赤色の折り紙でリンゴを、濃い茶色の折り紙でドングリを作っていました 秋の味覚の体表格のクリを作りたいところですが、先月のカレンダー作りで登場した関係で似たようなドングリにしたそうです いつものことながら、5㎝角の折り紙でも何のためらいもなく折っていく姿を見ていると、「すごいなぁ~」と感心させられてしまいます

これもひとつのお楽しみ!
もう一つのお楽しみは季節を感じるイラスト選びで、今回は4種類の中から この日は塗るのが簡単だということで、焼き芋のイラストが一番人気でした やや複雑そうな七五三のイラストを選ばれた参加者さんは、ごく少数 そのうちのお一人は、「今2歳になる孫が、この年頃になるのを思いながら塗っているの」とおっしゃっていました

皆さん、仲良く!
カレンダー作りの時のおひさまクラブならではの、作業が早い参加者さんが少し戸惑っておられる方に手を差し伸べるという、他会場と同じような光景が またこの会場には3人のサポーターさんがおり、支援員やスタッフの目の届かないところをフォローしてくださいます このような微笑ましい光景は、何度も見てもいいものですね

紅葉を作りました!
最後に、緑色や黄色など5種類の折り紙で色づいた葉っぱを作っていました 5枚とも同じ折り方ですが、脳トレになるので1枚1枚を丁寧に(面倒くさがりの方が重ねて折ってしまった結果、全部の葉っぱがしわしわに…) そんなこんなで皆さん、全パーツを作り終え、あとはお好きなようにレイアウト

出来ました!
それではこのブログ恒例の、ご自分の作品との2ショット写真を撮らせていただきました この会場には、私のことを〇〇(名字)カメラマンと呼ばれる参加者さんがみえます このブログを良く見てくださるというその方は、「今日の様子はいつ頃アップされるの」と楽しみにされていました

10月のカレンダー作り

9月25日(火)、大宝コミセンにお邪魔しました この日のカリキュラムは、参加者さんたちが楽しみにされている毎月恒例のカレンダー作り マスクをされている方がみえたのでお声を掛けると、「先週からカゼをひいていて、今日は休もうと思ったが、これがあるから…」との答えが帰ってきました(これからは決して無理せず、体調と相談して来てくださいね

10月のカレンダーの見本
10月といえば…、スポーツの秋に読書の秋、それに芸術の秋と色々とありますが、なんといっても食欲の秋 ということで、秋の味覚の1つであるキノコ、支援員がカレンダー作りの時には必ず1つは入れると宣言している食べ物シリーズからはクリ、そしてこの季節に見頃を迎えるイチョウを飾り付けることにしました

キノコを作りました!
まず最初に、青色・緑色・ピンク色の3種類の折り紙でキノコを作っていました 普通キノコといえば茶色だと思うのですが、この後で作るクリと合わせるとダークなカレンダーになってしまうので、「ちょっとカラフルにしてみました」と支援員 一見毒キノコみたいですが、参加者さんたちからは「可愛くていいよねェ~」と大変好評でした

クリを作りました!
次に、茶色の折り紙でクリを作っていました 指の力を結構使って、折り紙を何重にも折っていく場面が このような時に元支援員がリズミカルに「ぎゅ~、ぎゅ~、ぎゅ~、ぎゅ~、牛肉食べたいなぁ~」と口ずさんでいたのを思い出し、小さな声で唱えていた参加者さんがみえ、思わず笑ってしまいました

この会場でも…
カレンダー作りの記事の時には何度か書いていると思いますが、作業が早い参加者さんやサポーターさんが同じ島に座っている方のフォローをするという、他の会場と同じような微笑ましい光景がみられました 高齢の方の孤立が増加している現在、こういった光景は何度見ても心温まるものがありますね

これもお楽しみの一つ!
これもカレンダー作りの時のお楽しみの1つ、いつものように季節を感じるものなど、今回は3種類のイラストからお好きなものを選んでいました そして暦の方には、市販のカレンダーのように日曜日・祝日には赤色を、土曜日には青色を 今年の10月は(第2月曜日の)8日が“体育の日”となっていて、参加者さんたちからは「10日じゃなかったっけ」との声が上がっていました

イチョウを作りました!
最後に、黄色の折り紙でイチョウを作っていました ここでは細かい作業が目白押しで、参加者さんたちはマイ定規とマイハサミを使って慎重に 過去何度も手掛けているこの工程、折り紙を少し複雑に折り、それに下書きを入れてからハサミで切りはなしたところで、全パーツが出来上がり、お好きなようにレイアウト

出来ました!
それではもう恒例となりました、出来上がったご自分の作品との2ショット写真を撮らせてもらいました ところで、この日がおひさまクラブ前期の最終日 毎回大宝コミセンで参加をしたいといった方が多く、必ずと言っていいほど抽選が行なわれてきましたが、今回は無しということで、皆さん、ホッと胸をなで下ろしていました

9月のカレンダー作り

8月30日(木)、白鳥コミセンにお邪魔しました この日はおひさまクラブの大人気カリキュラム、毎月恒例のカレンダー作り 名古屋では、この夏に猛暑日となった日は過去最多を記録したそうです そんな暑さを吹き飛ばすような参加者さんの元気な会話が、いつものようにあちらこちらで飛んでいました

9月のカレンダーの見本
9月といえば「暑さ寒さも彼岸まで」…、お彼岸の季節ですよね ということで、お月様にウサギ、そしてお供えとして欠かせないススキとお団子を飾り付けることにしました ちなみに“中秋の名月”とは旧暦の8月15日の夜に見える月のことを指し、今年は9月24日になるそうですよ

おもちと三方を作りました!
まず最初に白色の折り紙でお団子を、黄土色の折り紙で三方を作っていました 4月に赴任してきた支援員が宣言した通り、必ず一つは食べ物を 三方(さんぽう)は、毎回見本にしている折り紙の本に載っている折り方をちょっとだけアレンジしたそうで、これが今回の難所とのことでした

ウサギを作りました!
次にピンク色の折り紙でウサギを2羽、金色の折り紙でお月様を作っていました 出来上がったウサギに鉛筆で目を書き入れていき、皆さん、その愛くるしい姿にウットリ お月様はただ丸く切るのではなく、角を裏に裏にと折っていって丸くするというもので、大きさには個人差がありました

カラフルなカレンダーに!
カレンダー作りの時にはお楽しみがもう一つ、季節を感じるイラストand暦を4種類の中から選んでもらいました この会場では、秋野菜とサンマが描かれたものとシュウメイギクが人気を二分 また暦の方にも既成のカレンダーのように、日曜日と祝日は赤色、土曜日は青色、そしておひさまクラブの活動がある日は別の色とカラフルに塗っていました

お馴染みの、この光景!
もう何度か書いていてくどいようですが、これだけは 作業が早い参加者さんやサポーターさんが同じ島に座っている方のフォローをするという、他の会場と同じような微笑ましい光景がここでも見られました ご高齢の方の孤立が叫ばれている現在、本当にそのような問題が存在しているのかと疑ってしまいます

ススキを作りました!
最後に、濃淡の黄色の折り紙でススキを 冒頭にその2種類の折り紙を糊付けしたものを、普通のハサミではなく(多分カレンダー作り用に常備している)万能バサミで器用に切られていた参加者さんがみえました(この方は他にも専門性のあるものを) これで全パーツを作り終え、あとはお好きなようにレイアウト

出来ました!
それではもう恒例となりました、出来上がったご自分の作品との2ショット写真を撮らせてもらいました 「久しぶりに時間内に出来たわ」と満面の笑みの参加者さん 終了間際には、恒例となっているお誕生日を迎えられた方を、全員で“ハッピーバースデートゥーユー”を歌って祝福していました 来年90歳になるそうですが、見た目もピンピンされていて皆勤賞の常連さんなんですよね

8月のカレンダー作り

7月31日(火)、千年コミセンにお邪魔しました この日のカリキュラムは、参加者さんたちが楽しみにされている毎月恒例のカレンダー作り 気象庁によると、今年の7月は“30年に1度”級の異常気象だったそうで、この地方でも40℃近くにまで上がる猛暑が続いていて、汗だくになりながら会場に来られていた方がみえました

8月のカレンダーの見本
8月といえば…、日本では本格的な夏到来の季節ですよね ということで、夏の季語でもありこの時期に開花を迎えるヒマワリと、暑い日に食べると美味しいスイカを飾り付けることに 4月に新しく赴任してきた支援員は、食べることが好きなので「これからのカレンダーには1つは入れる」と宣言していました

ヒマワリの種と葉を作りました!
まず最初に茶色の折り紙でヒマワリの種を、緑色の折り紙でヒマワリの葉を作っていました この日はその支援員が所用でお休みだったため、カレンダー作りの時にはアシスタントとして同行しているスタッフがピンチヒッター なぜか毎回カメラから遠ざかるようにして逃げ回っているスタッフも、今回ばかりは…

ヒマワリの花びらを作りました!
次に、黄色の折り紙でヒマワリの花びらを作っていました 私の目には少しばかり複雑な折り方に映りましたけど、普通に涼しい顔をして作業を進められている参加者さんが そして同じ島の少し手間取っている方に優しく手を差し伸べるといった、おひさまクラブ特有のほのぼのとした光景が見られました

組み合わせて…
3つのパーツを重ね合わせて、ヒマワリが完成 夏にふさわしい、色鮮やかなヒマワリが2対出来上がりました ちなみに花言葉は「私はあなただけを見つめる」「あこがれ」など色々あるそうですが、本数によっても花言葉が違うとのことで、1本は「一目惚れ」、3本は「愛の告白」、108本は「結婚しよう」、そして999本は「何度生まれ変わっても貴方を愛す」 ロマンティックですよね

今回は5種類の中から…
これもカレンダー作りの時のお楽しみの1つ、いつものように季節を感じるものなど、今回は5種類のイラストからお好きなものをチョイス この会場での1番人気はうちわと水ふうせんが入ったもので、皆さん、涼を求めているかのように淡い色付けをされていました 暦の方は土曜日は青色に日曜日は赤色、予定のある日は他の色といったようにカラフルに

スイカを作りました!
最後は、赤色の折り紙でスイカを作っていました こちらは割とシンプルで、3回ほど折っていき白く出たところを緑色で塗りつぶし、種のごとくペンで点々と せっかく作ったのに「スイカがない」と言って探し回っていた参加者さんがみえました(それも伝染したかのように2人も…、結局見つかりましたが) これで全パーツを作り終え、あとはお好きなようにレイアウト

出来ました!
それではこのブログ恒例の、ご自分の作品との2ショット写真を撮らせていただきました 今ではどこの会場でもそうですが、どこからどうなったのか、“ご自宅でレイアウト”派が多数を占めることに パーツが崩れることのないよう専用の箱や袋に大事そうに入れ、これからのお楽しみが待っているご自宅へと帰っていかれました
プロフィール

熱田区社協

Author:熱田区社協
「おひさまクラブ」ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR