FC2ブログ

新春初笑い!

新年明けましておめでとうございます 今年も「おひさまクラブ通信」をご愛読の程、よろしくお願いいたします
1月7日(月)、高蔵コミセンにお邪魔しました お正月の余韻が冷めやまぬなか、平成31年の活動はこの会場からスタート この日は、定番の遊びであるすごろくを まだまだ続いているであろうお正月気分を、おひさまクラブでも味わっていただきました


明けましておめでとうございます!
会場に入った途端、すぐに目に飛び込んできた鏡もち そしてそれぞれのテーブルでは、「今年もよろしくね」といった言葉が交わされていました 皆さん、私たち職員にもご丁寧に ある参加者さんは、「年始から孫たちが来て、お年玉やら何やらで出費が重なっちゃったなぁ~」と嬉しそうにおっしゃっていました

3人1組になって…
一人ずつやっていたのでは時間がかかりすぎてしまうので、おひさまクラブのすごろくは基本的に3人1組で(当日の参加人数にもよりますが…) 7チームに分かれ、色画用紙で自コマを作り、チーム名を相談して決めていました やはりここでも“くろまめ”とか“たつくり”、“味噌雑煮”などといったお正月らしいものに

皆さん、お題に興味深々!
数年前から使用されていたオリジナルの巨大すごろくセットも古くなったということで、昨年末にスタッフの手によりリニューアル 高蔵コミセンでは1度もやっていなかったらしく、参加者さんたちは皆初体験だったみたいです 床に並べられていくカードを見ながら、どんなお題が書かれているか興味深々といった感じでした

サイコロをふってスタート!
一般のすごろくのように“1回休み”や、“3マス進む”“5マス進む”、逆に“2マス戻る”“4マス戻る”があったりと、スムーズに進んでいくチームもあれば、同じところを行ったり来たりしているチームも そんな光景を目にしながら、童心に戻られたかのように十二分に楽しまれていました 「笑いすぎて、お腹が痛くなりそう」とある参加者さん

お題をクリアしながら…
命令お題は、“自分の干支のものまねをする”、“大声で3回笑う”、”隣の人の肩を揉む”に“職員に肩を揉んでもらう”などなど 特に男性参加者さんたちは、若い支援員やスタッフの肩揉みに鼻の下が伸びていました 女性参加者さんたちのところを回った時には、「すごく凝ってますねぇ~」とビックリマーク

熱田神宮でゴール!
「熱田区と言えばココ」、ゴールはもちろん熱田神宮です 見事に到着したチームの皆さんは、その方角に向かって二礼二拍手一礼をしゲームオーバー ちょうど出た目がゴールとなり、それ以上は折り返すというルールで、ここでも同じ個所をウロウロしていたチームがあるなど、最初から最後まで笑いの絶えないおひさまクラブ元日となりました
スポンサーサイト

今年もあとわずかとなりましたので…

12月13日(木)、旗屋コミセンにお邪魔しました この日のカリキュラムは、毎年恒例の干支のちぎり絵を おひさまクラブでは年の瀬を迎えるこの時期に、次の年の干支が入ったちぎり絵を作っています 今回で11年目となるので、来年で十二支を制覇することになるんですよね

もうこんな季節なんですね!
“月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり”という言葉のとおり、1年はあっという間に過ぎゆくもので、今年も残すところあとわずかとなってしまいました このレクを迎えることによって、「そういえば…」と気づかされる方も 「季節の行事を取り入れたり、日々の感覚を養うことも大切なんですよ」と元支援員が言っていたのを思い出しました

支援員とスタッフが…
今年もデザインは、3年前まで全会場を一緒に同行してくださったちぎり絵の先生が考案 そしてそれを基にして、支援員とスタッフが参加者さん・サポーターさん用に併せて約200個のオリジナルのキットを作っていました ご自分用の他にも作りたいからなのかは分かりませんが、サロンや地域の行事などとゆく先々で、今年も例年のように「余ったら分けてもらえないかなぁ~」との声が

鉄筆で和紙を…
まずは和紙をちぎりやすくするために、型紙を使って鉄筆でちぎり線を 何度もちぎり線を入れると、簡単にちぎることができるとのことです もう何度も作られているベテランさんは手慣れたようにスイスイとこなされていて、そしてカレンダー作りの時と同じように、経験の浅い参加者さんのフォローに回ったりしていました

和紙をちぎっていき…
続いて、そのちぎり線に沿って 今回は細かいパーツが多く、他会場ではせっかくちぎったものが鼻息やちょっとした動きで飛んで行ってしまい、大騒動になったとか そのため作業を進めていくうちに、皆さん、集中しているのもあって次第に無口になっていき、さらには過剰な反応により息を止められていた参加者さんがみえました

貼り合わせてイノシシに!
そしてちぎった胴体に、同じくちぎった目・耳・キバ、少し加工した鼻を和紙専用のノリで貼り付けていました 来年の干支は亥ということで、色付きの見本を見ながら十人十色のイノシシに 目とキバの型を取り違えるといった多少のアクシデントがありましたが、獰猛な印象とは真逆の可愛らしいものに仕上げていました

後は色紙に貼って…
最終段階として、台座に見立てた和紙に花のシール、“亥”という文字、貼り合わせたイノシシを色紙に カレンダー作りの時とは違い、(型紙や見本、ノリも回収するために)ご自宅でレイアウトとはいかないので、多少の時間差はあったものの、全員完成に至りました 納得のいく出来栄えに、「これを失敗すると、1年中気が滅入ってしまう気がする」とおっしゃっていた参加者さんもニッコリ

出来上がりました!
それではおひさまクラブ通信恒例の、出来上がった作品との2ショット写真を撮らせていただきました(お一人見切れてしまいました、ごめんなさい) この会場には、丑年のちぎり絵から始まったこのレクにずっと参加されている方がおり、これで11作目 過去10作品は、ご自宅で大切に保管されているそうです

音楽レクリエーションで楽しく歌を!

12月6日(木)、白鳥コミセンにお邪魔しました この日のカリキュラムは、おひさまクラブの恒例行事の1つとなりました音楽レクリエーション 声を出して歌うということは口腔機能にはもちろん、内蔵機能にも大きな効果があるそうです カラオケに通われたりと歌好きな方が結構みえるので、楽しむ&健康維持でまさに一石二鳥ですね

音楽レクリエーション、始まります!
7年目を迎えるこの音楽レクリエーションで、3年目から担当されているお馴染みの長谷川博美さんと杉山和子さんが、ココを皮切りに月曜班の高蔵コミセンと研修室を除く6会場を回ってくださいます が、残念ながら杉山さんが風邪のためお休みに いつもの光景とはちょっと違いましたが、それをカバーすべく長谷川さんが孤軍奮闘していました

先日、大阪万博が決まりましたが…
冒頭に、三波春夫さんの「世界の国からこんにちは」を歌いました 先日、2025年の万国博覧会が大阪で開催されることが決まりましたが、この曲は1970年に同じく大阪で開催された万博のテーマソングとのこと 48年前の大阪万博を見に行かれた方は半数を越え、スクリーンに映し出された当時の模様を見ながら昔話に花を咲かせていました

今年は支援員が…
童謡の「牛若丸」のリズムに乗せて、「きょ~うのぉ~、ごじょ~うのぉ~、はしのうえぇ~」と手足の運動を グーチョキパーをしながら両腕を交互に前後へといった簡単なようで難しい動きに、参加者さんたちは四苦八苦されていました 毎年長谷川さんのご指名での実演があり、この日は初めてのことで少し戸惑っていた支援員がその任務に

クイズ&フラダンスも…
他にもクイズとフラダンスが 「医療のマークに使用されている動物は」の問題では、ヘビとの答えに参加者さんたちからは「ホォーッ」との感嘆の声が漏れていました(どの救急車にも描かれているそうですよ 機会があれば確認してくださいね) そしてフラダンスでは、経験があるというサポーターさんが皆さんの前に出て恥ずかしそうに…

皆さん、楽しそうに!
村田英雄さんや、舟木一夫さんなど愛知県出身の方の歌も 参加者さんたちはスクリーンに映し出された歌手の写真を見るなり、これは〇〇と答えたスピードもさることながら、これから歌う曲も言い当てていました そして皆さん、キーボードの伴奏に合わせ気持ちよさそうに 画像を見ての瞬発力と会場に響き渡るような歌声に、長谷川さんはビックリしていました

残りの時間を使って…
残りの時間を使って、昭和クイズと間違い探しをやっていました おひさまクラブでは頭の体操である間違い探しをよくやっているのですが、「もう少し難しいものを」とのリクエストに応えて今回は上級編を またテーマがカボチャでしたので、「どのようにして食べるんですか」といった支援員の質問に、「牛乳で煮る」と切り返していた参加者さんがみえました 初耳のようなその調理方法に、「今度やってみようかなぁ~」と…

12月のカレンダー作り

11月26日(月)、熱田区在宅サービスセンター研修室にお邪魔しました この日のカリキュラムは、お楽しみのカレンダー作り 参加者さん情報によると、11月11日は折り紙の日とのこと 数字の1を正方形の一辺と見立て、1が4つで正方形の折り紙の4辺を表すことから、1980年に制定されたそうです

12月のカレンダーの見本
12月といえば…、なんといっても1年締めくくりの一大イベントであるクリスマスがありますよね ということで、サンタクロースにトナカイ、それにクリスマスリースを飾り付けることにしました 4月に必ず1つは入れると宣言していた食べ物がなかったので、支援員に聞いたところ、定番アイテムがありすぎてやむなく断念したとか

トナカイを作りました!
まず最初に、黄土色の折り紙でトナカイを作っていました 毎回折ったり切ったりするときに、分かりやすいように「~センチ、~ミリのところで…」と 名古屋弁で「だぁいたいでいいんじゃない」と言われる参加者さんと、「だぁいたいではあかんわ」と定規を取り出しキチッキチッとこなされていた方との面白バトルがありました

サンタさんを作りました!
続いて、赤色の折り紙でサンタクロースを作りました 12月イコールクリスマスということで、毎年のように作っているサンタさんですが、折り方はそれぞれ違いをつけて工夫を凝らしています 過去には作業をしながら「孫と一緒に折ろうかな」と瞳を輝かしていた参加者さんもいらっしゃいましたが、今年はどうでしょうかねぇ~

今回も4種類の中から…
これもカレンダー作りの時のお楽しみの1つ、いつものように季節を感じるものなど、今回は4種類のイラストからお好きなものを選んでいました この会場での1番人気は、冬至にお風呂に入れると身体に良いとされている“ゆず” 皆さん、セットになっている暦の方も同様に、何色ものクレヨンを使って色鮮やかなものに仕上げていました

見本を写メに!
始まる前にはホワイトボードに貼ってあった見本を、ご自分のケイタイやスマホに収められている参加者さんがみえました 「自宅で完成させるために」といった声があるなか、「あまりにも綺麗だったから」とパチリ またイラストに色を付ける時にはスマホで検索して調べたりするなど、今では欠かせないアイテムになっているんですね

クリスマスリースを作りました!
最後に、赤色と緑色それぞれ4枚の折り紙でクリスマスリースを作っていました 計8枚を1枚1枚ひたすら同じように折っていくという内職で、参加者さんたちはだんだんと無口に そして黄色の折り紙で作ったベルを上部に貼り付けて、星のごとくちりばめるようにと金色と銀色の折り紙を細かく切り、あとはお好きなようにレイアウト

出来ました!
それではもう恒例となりました、出来上がったご自分の作品との2ショット写真を撮らせてもらいました 作業終了後には、11月にお誕生日を迎えられた方に“ハッピーバースデートゥーユー”を 参加者さんはお一人でしたが、偶然にもこの日は支援員のウン十ウン才の誕生日だったので、全員で二人を祝福していました

バス車内事故防止教室を開きました!

7月20日(金)、野立コミセンにお邪魔しました この日のカリキュラムは、名古屋市交通局の方をお招きしてのバス車内事故防止教室 今年で4年目を迎える交通局さんによる講話は、今回はココとこの日の午後からの船方コミセンの2会場で行ないました なお、7月は「バス車内事故防止月間」だそうです

市バスの歴史を!
本題に入る前に、交通局の歴史について教えていただきました 市バスの営業は昭和5年2月に始まり、今では当たり前のワンマン車両ですが、以前は車掌さんも同乗していたとのこと その車掌さんが同乗していた市バスに乗ったことのある参加者さんは、なんと半数近くみえました(皆さんの歴史を感じますね

車内事故を防ぐために…
バス車内で事故に遭われた方の2人に1人は、65歳以上だそうです そうした事故を防ぐために、「バスに乗る前は慌てず時間に余裕を持って、乗ってからは空席があれば無理をせず着席し、空いてなければ吊り革や握り棒をつかんでください」と訴えていました そして「降りる際には、バスが完全に止まってから行動してください」とも

えきちかウォーキングが定期的に…
交通局さんでは、春と秋の2季に地下鉄を発着点とする「駅ちかウォーキング」を開催していて、そのPRも 参加費無料、約10㎞のコースを約3時間かけて巡るそうで、協賛店でお買い物をすると少し割引になるとのことです おひさまクラブには活動的な参加者さんが多く、このイベントに参加されたことがある方も結構みえました

熱田警察署の方も!
また、冒頭には熱田警察署の方による講話がありました 今年も、今のところ愛知県が交通事故死者数ワーストワン ご高齢の方の運転での事故が多く、免許返納を呼び掛けていて、その数ある特典の中にはマナカに5000円分のポイント加算があるそうです そのほかにも反射神経の簡単なテストを行ない、元気で活動的な参加者さんたちはらくらくクリアしていました
プロフィール

熱田区社協

Author:熱田区社協
「おひさまクラブ」ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR