らくらくサロンでアクリルたわし作り!

9月20日(水)、月に1度のらくらくサロンが熱田区在宅サービスセンター(熱田区役所6階)研修室にて行なわれました このサロンでおしゃべりをしたりするなど楽しみにされている方は結構みえるのですが、先月はお盆の時期と重なったためやむなく中止 ということで、2ヶ月ぶりの開催となりました

始まる前にはいつもの…
毎回サロンが始まる前には、サポートセンターbeing小本の方による自家製パンの販売があります この日も、作り立てのパンを求めて参加者さんたちが列を作っていました 小本さんの持って来られるパンは種類も豊富な上に、お味の方も なお第1・3・5木曜日の12時には、熱田区社協の事務局のロビーで一般向けの販売もしています

今回の手芸は…
今回の手芸のコーナーでは、アクリルたわしを作っていました サポーターさんたちがキットを用意してくださっていて、さらに作り方を分かりやすく書いたプリントも 前方にあったテーブルの上には、たわしとして使うのにはもったいないような、色とりどりの見本が並べられてありました

サポーターさんが先生役となって!
サポーターさんたちが忙しそうに各テーブルを回って、参加者さんお一人お一人に 今回の作業はかなり難しかったとみえて、かなり苦戦していました そんななか、おひさまクラブでのカレンダー作りの時と同じように何の苦も無くスイスイとこなされている方が そしてこれも同様で、同じ島の方たちの先生となって教えていました

もちろん麻雀のコーナーも!
たまに「らくらくサロンはありますか」ではなく「麻雀はやれますか」との電話があるほど、サロン立ち上げからある麻雀コーナーも大人気 この日も、常備してある3台の麻雀卓がフル稼働していました 麻雀卓の購入のため、毎回参加費として100円を 「そろそろもう1台必要かも」という声が上がっていました

出来ました!
可愛く仕上がったところで、おひさまクラブ通信恒例の作品との2ショット写真を撮らせていただきました 作ったのは確かアクリルたわしのはずなんですけど、皆さん、なぜだかブローチのように… そのように見えなくもないので、ご自宅で使うのをためらってしまうかもしれませんね
スポンサーサイト

半年間の集大成を!

9月12日(火)、熱田区役所7階講堂におきまして、おひさまクラブ前期の一大イベントである作品展が開催されました 今年は他のカリキュラムとの兼ね合いもあって、早いところでは4月から話し合いを始めるといったロングラン 各会場とも工夫に工夫を重ねた迫力満点の作品たちが展示されていました

足元の悪いなか…
この日はかなりの雨が降っていて、朝から気が気ではありませんでした しかしそんな心配をよそに、各会場の参加者さんたちやそのお友達、10月から新たにおひさまクラブのお仲間に加わる方など計160名ほどが集まり、職員一同、ホッとひと安心 たしか昨年も同じようなお天気で、この日と同じようにハラハラドキドキしたのを思い出しました

作品がズラーっと!
今回はそれぞれ、高蔵コミセン「子どもは国の宝」・研修室「祝 区政80周年」・大宝コミセン「虐待防止」・千年コミセン「ペンギン物語」・白鳥コミセン「お清水」・旗屋コミセン「白川郷 合掌造りの夏」・野立コミセン「富士山と白鳥」・船方コミセン「子どもを守ろう」というテーマ そして入り口に飾られてあったお花(画像中央)は、大宝コミセンの参加者さんの有志がおひさまクラブ活動日の午後に開いているサロンで作られたもので、来場してくる方々の目を十二分に潤していました

ステージではお馴染みの…
この作品展では素晴らしい作品だけでなく、スペシャルゲストをお呼びしてのステージパフォーマンスでご来場者の皆さまに楽しんでもらっています 今回のゲストも昨年と同じく、経大亭勝笑さん率いる「勝笑一座」 その一員の“絵はがき”さんのマジックでは、1ネタが終わるごとに「オ~ッ」といった感嘆の声が上がっていました もちろんメインである勝笑さんの漫談でも、期待に違わぬ大爆笑の渦が

代表者が説明を!(1)
後半に入り、各会場の代表者の方が作品の説明を 「芸術性を高めるため、新聞紙のいろいろなページを利用した」とか「立体感を出すために広告で色を」といった作業のウラ話から、「この作品作りを通して仲間意識が強まった」などより一層の絆の深まりを強調していた方がみえました 参加者さんの「恥ずかしい」との思いから、毎年この代表者選びは難航するのですが、いざとなれば…

代表者が説明を!(2)
昨年に引き続き、児童虐待防止のオレンジリボンをテーマとしたのは4会場 ある会場の代表者さんは、「子どもが犠牲になる報道を目にすると悲しくなってしまう」との言葉を添えられていました なお、熱田区はこの10月で区政80周年を迎えるという記念の年 区役所からの要請で研修室の作品をゆずることになり、今後区民まつりなどのイベントで飾られ、予定している関連事業の一助になるということです

作品をじっくりと!
各代表者さんからの説明を聞いた後、参加者さんたちは作品をじっくりと 来年の参考にするためなのか、それとも記念でということなのかは分かりませんが、携帯電話で写メを撮っていたり、デジカメに収めていたりしていた方がみえました またお友達どうしで回し撮りされていた方も ということで、今年も笑顔満載の作品展でした

熱田警察署から…
最後に、熱田警察署の方による交通講話 愛知県は現在、今年に入ってからの交通事故による死亡者数はワーストワンだそうで、「薄暮以降に外出する時には(粗品として全員に配られていた)反射材の着用を」と呼び掛けていました そしていたちごっこという形で発生する還付金詐欺についてのお話も 携帯電話への身に覚えのないメールは、開封せずすぐに削除することを勧めていました

作品と一緒に!
作品と一緒に、ハイ、チーズ 今年も盛況なうちに、無事終えることができました 12時を過ぎた頃には、午後まで降り続くという予報だった雨もすっかり やっぱり名は体を表すというように、おひさまクラブの参加者さんたちは全員晴れ女・晴れ男なんですね(半日遅れではありますけれど…

支援員とスタッフがいない日に…

ある週の金曜日、所用でもともとお休みだった支援員 その代役で行くはずだったスタッフも急きょお休みとなり、ピンチヒッターとして熱田区社協の職員がおひさまクラブに行くこととなりました 多分どこでも同じことだとは思いますけど、たまに違った顔が現れると大変喜ばれる方がみえるんですよね

野立コミセンでは…
午前の野立コミセンには、おひさまクラブ3度目の登場となるB’z稲葉さん似の主事が代行しました 熱田区社協では野立学区担当なので、参加者さんたちにとってはお馴染みの職員 自分のキラキラネームっぽい名前や4年に1度の誕生日など、鉄板のネタで笑いを誘っていました そして昔懐かしい曲も一緒に

船方コミセンでは…
午後からの船方コミセンには、事務局次長が 今年4月に他区から赴任してきたばかりの職員で、前日には支援員からレクチャーを受けていたのですが、初めてのおひさまクラブということで少しばかり戸惑っていました 慌ただしく動き回っていて、あっという間にカリキュラムが終了 慣れない業務でグッタリしていました

両会場とも、この日は…
両会場とも、この日のカリキュラムは健康体操でした 体操の先生は二人ともスタイルの違いはあるものの、オリジナリティーあふれるプログラムを 特に船方コミセンの方は超ハードで、私も次長もついていくだけでも大変でしたが、周りを見渡すと、参加者さんたちは普通にこなされていました これだから皆さん、お元気なんですね

女性会の皆さん&子どもたちと…

8月28日(月)、高蔵コミセンにお邪魔しました この日は、高蔵学区女性会の皆さんが3年ぶりにおひさまクラブに サポーターさんが女性会の一員ということでこのお話があり、また夏休み期間を利用して女性会さんの元で体験学習をしているという、高蔵小学校の子どもたちも来てくださいました

女性会と児童さんたちが!
この日のカリキュラムは、毎月恒例のカレンダー作り 会場に入ると見慣れた光景とは違い、元気な子どもたちの声が飛び交っており、またそれを優しい目で見守る参加者さんたちのお姿がありました なんだか違うところに来ているような感じが…

皆でカレンダー作りを!
カレンダー作り初心者の方々も加わったということで、支援員とスタッフもいつも以上に飛び回っていました サポーターさんはもちろん、近くに座っていた参加者さんもこの日ばかりは先生役に 子どもたちも皆素直に聞いていて、会場にはほのぼのとした時間が流れていました

参加者さんたちはスイスイと!
当の参加者さんたちはもう慣れたもので、毎回のようにスイスイと作業を進めていました(この「9月のカレンダー作り」の様子は、前回の記事で) そして最初から最後まで至る所に笑顔が こうした世代を超えた交流も、皆さんにとっては良いのかもしれませんね

女性会の皆さんも!
女性会さんは5名がカレンダー作りに参加し、別班の方がこの後の食事会の準備をしていました コミセンに入った途端、カレーの良い香りが漂っていて、作業中もお腹が鳴っていた方も何名かはみえたのではないでしょうか ということで今回は、パーツだけを作りレイアウトはご自宅で…

カレーライスをいただきました!
ちょっと早めに切り上げて、子どもたちと一緒にカレーライスを 参加者さんたちはおしゃべりをしながら美味しそうにいただいて、より一層の交流を深めていました 女性会さん、素敵な時間をありがとうございます また来年も機会があればお越しくださいね
なおカレーライスは参加者さんたちには大人用、子どもたちには子ども用を 普通のものでも食べることができないという支援員には、子ども用を用意してくださいました

9月のカレンダー作り

8月28日(月)、熱田区在宅サービスセンター研修室にお邪魔しました この日のカリキュラムは、毎月恒例のカレンダー作り カレンダー作りの時にもまんべんなく8会場を回って、その様子をお伝えするように心がけているのですが、研修室のそれは2か月前でした その理由は後ほど

9月のカレンダーの見本
9月といえば…、お月見ですよね ということで、お月さまにウサギ、それに秋の七草の1つであるススキとキキョウを飾り付けることにしました ちなみにキキョウにも当然のことながら花言葉が 「永遠の愛」「誠実」「変わらぬ愛」「気品」「清楚」「従順」だそうですよ

ウサギを作りました!
まず最初に、黒色とピンク色の折り紙でウサギを作っていました 支援員によると他の会場では何の突っ込みもなかったそうですが、思ってもみなかった「月の中のものは何」との声が そう言われるので、「お月さまの中の黒いウサギとピンクのウサギは見つめ合ってるんですよ」とロマンチック感を強調していたのですが…

ススキを作りました!
続いて、白色の折り紙でススキを作っていました 今回の折り方は、扇と同じように蛇腹折りで 折りを重ねていくうちに指にも負荷がかかっていくので、脳の活性化には効果的ということです おひさまクラブで常にこうした難題に立ち向かっている参加者さんたちにとっては、普通の出来事のように平然と

キキョウを作りました!
次に、濃淡2種類の紫色と青色の折り紙でキキョウを作っていました この折り方さえ知っておけば、サクラやキク、それに花びらが5枚ある花などを作るときにも役立つとのことです これからのカレンダー作りでも出てくるかと思いますので、覚えておいたほうが良さそうですね

実習生さんやインターンの学生さんが…
熱田区社会福祉協議会では毎年8月下旬頃に、日本福祉大学からの実習生を受け入れています この日のおひさまクラブが実習先の1つとして入っていたので、カレンダー作りに限っては短いインターバルでの訪問となりました その実習生さんに加えて、インターンの学生さん(2名)も 初めはぎこちなかった彼女たちも次第に慣れていったようで、参加者さんたちとの作業を楽しんでいました

イラストを選んで…
折り返しの1時間が過ぎたところで、今回は4種類の中からイラストを選んでもらいました これらのイラストやカレンダーはある福祉関係の雑誌から拝借しており、季節の風景や果物の中に、なぜかその季節との関係性が見いだせない乗り物が混じっています それでも1会場には必ずと言っていいほど、チョイスされる方が1名は…

マイクスタンドで…
最後に、黄色と緑色の折り紙でお月さまとススキやキキョウの葉をご自由に 満月のようにまん丸に切ろうとして、会場内にあったマイクスタンドの底を当て型どりされていた方がみえました そして葉の方も以前作ったときを思い出して、葉脈を入れていた方も これで全パーツの完成です

出来ました!
それではもう恒例となりました、出来上がったご自分の作品との2ショット写真を撮らせてもらいました 作ったパーツを箱や袋に入れ、ご自宅でのレイアウトを楽しみにされているといった流行がここでも続々と そのために、見本をスマホにおさめられている光景も珍しくなくなりました
プロフィール

熱田区社協

Author:熱田区社協
「おひさまクラブ」ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR