FC2ブログ

12月のカレンダー作り

11月26日(月)、熱田区在宅サービスセンター研修室にお邪魔しました この日のカリキュラムは、お楽しみのカレンダー作り 参加者さん情報によると、11月11日は折り紙の日とのこと 数字の1を正方形の一辺と見立て、1が4つで正方形の折り紙の4辺を表すことから、1980年に制定されたそうです

12月のカレンダーの見本
12月といえば…、なんといっても1年締めくくりの一大イベントであるクリスマスがありますよね ということで、サンタクロースにトナカイ、それにクリスマスリースを飾り付けることにしました 4月に必ず1つは入れると宣言していた食べ物がなかったので、支援員に聞いたところ、定番アイテムがありすぎてやむなく断念したとか

トナカイを作りました!
まず最初に、黄土色の折り紙でトナカイを作っていました 毎回折ったり切ったりするときに、分かりやすいように「~センチ、~ミリのところで…」と 名古屋弁で「だぁいたいでいいんじゃない」と言われる参加者さんと、「だぁいたいではあかんわ」と定規を取り出しキチッキチッとこなされていた方との面白バトルがありました

サンタさんを作りました!
続いて、赤色の折り紙でサンタクロースを作りました 12月イコールクリスマスということで、毎年のように作っているサンタさんですが、折り方はそれぞれ違いをつけて工夫を凝らしています 過去には作業をしながら「孫と一緒に折ろうかな」と瞳を輝かしていた参加者さんもいらっしゃいましたが、今年はどうでしょうかねぇ~

今回も4種類の中から…
これもカレンダー作りの時のお楽しみの1つ、いつものように季節を感じるものなど、今回は4種類のイラストからお好きなものを選んでいました この会場での1番人気は、冬至にお風呂に入れると身体に良いとされている“ゆず” 皆さん、セットになっている暦の方も同様に、何色ものクレヨンを使って色鮮やかなものに仕上げていました

見本を写メに!
始まる前にはホワイトボードに貼ってあった見本を、ご自分のケイタイやスマホに収められている参加者さんがみえました 「自宅で完成させるために」といった声があるなか、「あまりにも綺麗だったから」とパチリ またイラストに色を付ける時にはスマホで検索して調べたりするなど、今では欠かせないアイテムになっているんですね

クリスマスリースを作りました!
最後に、赤色と緑色それぞれ4枚の折り紙でクリスマスリースを作っていました 計8枚を1枚1枚ひたすら同じように折っていくという内職で、参加者さんたちはだんだんと無口に そして黄色の折り紙で作ったベルを上部に貼り付けて、星のごとくちりばめるようにと金色と銀色の折り紙を細かく切り、あとはお好きなようにレイアウト

出来ました!
それではもう恒例となりました、出来上がったご自分の作品との2ショット写真を撮らせてもらいました 作業終了後には、11月にお誕生日を迎えられた方に“ハッピーバースデートゥーユー”を 参加者さんはお一人でしたが、偶然にもこの日は支援員のウン十ウン才の誕生日だったので、全員で二人を祝福していました
スポンサーサイト

らくらくサロンで干支の根付作り!

11月21日(水)、月に1度のらくらくサロンが熱田区在宅サービスセンター(熱田区役所6階)研修室にて行なわれました 来月はちょっとした事情(本当に大したことではありません)があって、残念ながらお休みに ということで今回の手芸のコーナーでは、毎年12月に行なっていた来(きた)る年の干支の根付作りになりました

いつものパン屋さんが…
毎回サロンが始まる前には、サポートセンターbeing小本の方による自家製パンの販売があります 作り立てで美味しいと評判のパンを求め参加者さんたちが列をなしていて、この日もあっという間に売り切れてしまいました なおこのパンの販売は、第1・3・5木曜日の12時に、熱田区社協の事務局のロビーで一般向けにも行なっております

今回の手芸は…
この恒例となった干支の根付作りを楽しみにされている方が多いようで、毎回麻雀を一心不乱にやられている方や、あまり来られない参加者さんのお姿がありました 来年の干支は亥(いのしし) 細かい作業が目白押しでしたので、世話役も務められているサポーターさんたちが、お助けマンとして各テーブルを忙しく回っていました

マージャンのコーナーでは…
もちろん、立ち上げからある麻雀コーナーも健在 先日区社協事務局に、「区役所の方から、ここで開かれているサロンで麻雀をやっていると聞いたのですが…」と女性の方が訪ねて来られました 開催場所と日時をお伝えしたところ、時間通り、喜び勇むようにして窓口に 常連さんの優しい手ほどきもあり、以前からの知り合いであるかのようにその場に馴染まれいて、かつ楽しそうに遊ばれていました

出来ました!
可愛い亥の根付が出来たところで、おひさまクラブ通信恒例の作品との2ショット写真を撮らせていただきました 完成間近の綿を詰める作業は自宅でといった方が思いのほか多く、当日の参加人数のわりには… とにもかくにも今年最後のらくらくサロンは、参加者さんも50名近くにも上り大変盛況なものとなりました

少し足を延ばして…

11月20日(火)、千年コミセンにお邪魔しました この日のカリキュラムは、大体2ヶ月に1度の割合で組まれている参加者企画で外出を 行き先とその目的は後述するとして、まずはいつものように会場に集まって名古屋市からのアンケート用紙に記入をしていました(おひさまクラブは名古屋市からの委託事業なのです

今回は外出企画
今年の夏は記録的な猛暑となりましたが、暮れに向かうにつれ秋らしい秋に そして日に日に寒くなりながらも、この日は一面に晴れ渡り、歩くには心地の良いお出かけ日和となりました コミセンを出て目的地までの道すがら、緑色に生い茂った木々を見ながら、参加者さんたちは歩を進めていました

行先は…
今回の目的地は歩いて5分ほどのところにある、イオンタウン千年 参加者さんたちはもちろん、この地域の方のお買い物場所となっているとのことです 先導していたスタッフが通り沿いから入ろうとしたところ、皆さん、口をそろえるようにして「こっちからでも入れるよ」と逆にスタッフを誘導していました さすが、地元民ですね

いきいき支援センターの出張相談で…
一階の催事場のところで、熱田区社協の事務局に入っている熱田区いきいき支援センターが出張相談所を開設していました 同センターの社会福祉士さんの企画によるもので、ココでの健康チェックが今回の目的 到着した時にはもうすでにお買い物客で賑わっていて、その中には他コミセンの参加者さんの姿がありました

健康チェックをしてもらいました!
チェック項目は4つで、脳年齢と骨密度、体脂肪に血圧測定でした 血圧がやや高めの方や、骨密度と体脂肪は年相応といった方が多かったのですが、脳年齢テストに関しては、皆さん、5歳から10歳若いという結果が 日頃のご自宅周辺での運動と、健康体操や脳の活性化に通じるカレンダー作りなどおひさまクラブでの活動のたまものですね

今年はココで千秋楽!

11月20日(火)、大宝コミセンにお邪魔しました 会場に到着すると、久しぶりにお会いする最高齢のベテラン参加者さんが愛らしくちょこんと… 卒寿を過ぎても以前と変わらぬ元気なお姿だったもので、「おいくつになられたんですか」と聞いたところ、「女性にそんなことを聞くもんじゃないよ」とバッサリ 失礼しました

この会場で千秋楽!
この日のカリキュラムは、“どすこい!名古屋 緑春会”の藤本緑春先生による相撲甚句でした 今年も8会場を回ってくださり、6月の高蔵コミセンから始まって、ココで千秋楽 9月に行なう予定だったのが、ちょうどその日に台風が直撃してしまい、参加者さんたちにとっては2ヶ月間待たされた格好となりました

先生とともに…
今回も巡業の時に実際にお相撲さんが唄っている甚句はもちろん、思わずクスッと笑ってしまうようなオリジナルの甚句も用意してくださっていました 人気テレビ番組『笑点』のお題から作ったという“18歳と81歳の違い相撲甚句” ♫覚えの早い18歳、すぐに忘れるのが81歳~など、心当たりがあるのか、参加者さんたちは一緒に唄いながら大笑いしていました

拍子木をカ~ンカ~ンと!
いつものように拍子木も持ってきてくださっていて、合いの手よろしく、カァ~ンカァ~ンと気持ちよさそうに 先生は各区のはつらつもさることながら、学区のふれあい給食会にもお呼びがかかるそうです 奇しくもこの会場で行なった大宝給食会でのこと その日に限って拍子木を忘れてしまい、会長さんが機転を利かしてお隣の調理実習室から持って来てくれたすり鉢で、やむなく代用したと恥ずかしそうにおっしゃっていました

もちろん、相撲四方山話も!
甚句もそうですが、相撲に関する四方山話を交えた先生の面白トークもお楽しみの一つです 黒板に張り付けてあった暖簾を見て、「あの2つの綱の違いは何ですか」とある参加者さん 今場所は3横綱が休場で見れないのが残念と前置きされた後、「横綱の土俵入りには2つの型があり、それによって結び方が違い、重さも10㎏もあるんですよ」と身振り手振りを加えて説明してくれました

当地興行でまたいつか…
相撲甚句の締めは当地興行で なお7年も続いたこのレクは、先生の体力と時間の都合もあって、今年でひとまず終了ということになりました 今後は単発でやってくださるそうですが、歌詞にあるとおり♫いつ又どこで会えるやら(ホイ)それともこのまま会えぬやら(ホイ)思えば涙がポロ~り、ポロリと(アードスコイドスコイ) 藤本先生、長い間ありがとうございました

サポーターさんが薬のお話を…

11月8日(木)、旗屋コミセンにお邪魔しました この日のカリキュラムは、大体2ヶ月に1度の割合で組まれている参加者企画 なお会場に入ると、机が真新しくなっているのが目につきました 準備もろもろはサポーターさんが主に行なっているので、今までの重くて動かしにくい机と比べると、「スムーズに動いて本当に助かるわ」と大喜び

サポーターさんが薬のお話しを!
昨年よりお手伝いをしてくださっている男性サポーターさんの本業は薬剤師 そこで今回、このサポーターさんにお薬のお話をしていただくことになりました おひさまクラブの8会場を見回しても、若い男性がサポーターを務めているのはココだけ 参加者さんたちのパワーに圧倒されているせいか、いつもは大変おとなしい方なんですよね

飲む時間や効能などを…
薬によって飲む時間が違っているのはなぜなのか、そして飲んだ後にはどのような効果が表れるのか等をプロジェクターを使って分かりやすく説明してくれました 薬剤師は薬を飲みやすくするために、出来る範囲で加工をしてくれるとのこと ほかにも、医療保険に関する大人の事情も教えてくださいました

参加者さんたちからは質問が!
「この中で、毎日お薬を飲んでいる人は」との問いかけに、手を挙げた方はほぼ全員 ひと通りの講義が終わった後には、ご自分に処方されているお薬や、市販薬についての質問が飛んでいました またお薬に関して病院では聞けないことも、お医者さんへの橋渡しができるので、「まずは相談をしてみてください」と最後に また一つ、旗屋コミセンの参加者さんたちには心強い味方ができましたね
プロフィール

熱田区社協

Author:熱田区社協
「おひさまクラブ」ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR