らくらくサロンで三線の演奏を!

11月15日(水)、月に1度のらくらくサロンが熱田区在宅サービスセンター(熱田区役所6階)研修室にて行なわれました この日も前回に引き続き、お楽しみの手芸と麻雀のコーナーはお休み スペシャルメニューとして、沖縄の伝統楽器である三線(さんしん)の演奏会がありました

演奏していただいたのは…
演奏していただいたのは、熱田区在住の理学療法士さん 熱田図書館の健康体操教室で講師をされていて、そこに参加しているサポーターさんが声を掛け、今回の演奏会が実現しました 参加者さんたちの中にもこの教室に通われている方がかなりみえ、また理学療法士さんも区内のサロンにボランティアで訪れているので、お馴染みの方なのかも

沖縄感満載でした!
沖縄の昔から伝わる曲から沖縄限定で流れているCMソングまで 聞く機会があまりないということで、おひさまクラブの参加者さんたちはお友達を誘うなど総勢約50名もの方が集まり、全員が歌はもちろん、三線の醸し出す独特の音色に酔いしれていました また曲と曲との合間には、楽しいトークで会場内は笑いの渦に

体操も忘れずに…
熱田図書館の健康体操教室での講師はさることながら、普段は医療系の専門学校の先生として教壇に立たれているとのこと 「忘れてました、これが私の本職なので」と、ご自宅でも出来る簡単な足腰の体操を教えていただきました 体操好きな参加者さんにとっては、この日は2倍お得だったかもしれませんね

全員でカチャーシーを!
お祭りや結婚式などお祝い事の最後に踊るという、カチャーシーを全員で 沖縄の方たちが踊っているのをテレビなどでよく目にしますが、男性と女性とでは手の所作が少し違うそうです それはさておき、いつものらくらくサロンとは一味も二味も違った楽しい演奏会となり、「また聞いてみたいわぁ~」との声があちらこちらで聞かれました

街頭募金を行ないました!
10月1日より「赤い羽根共同募金」運動が始まりました 10月30日(月)、熱田福祉会館におきまして演芸大会が行なわれ、その開催前に“あつたおとこぐみ”のメンバーが街頭募金のお手伝いを 毎年のことですが、どこかの会場でこのような活動をするなど地域貢献もしているんですよね
スポンサーサイト

ヤクルト講座を開きました!

11月13日(月)、在宅サービスセンター研修室にお邪魔しました この日のカリキュラムは、名古屋ヤクルト販売株式会社の管理栄養士の方による「ヤクルト講座」 熱田区社協事務局内にある熱田区いきいき支援センターからの紹介により、今回の講座を行なうことができました

講師として管理栄養士さんが…
腸内細菌は良い菌と悪い菌を合わせて約100兆個で、その重さは実に1㎏から2㎏ほどに 加齢とともに腸内細菌のバランスが悪くなるということで、それを補うために毎日乳酸菌を摂取することが必要なんだそうです 乳酸菌には、便秘や下痢の改善や免疫力アップ、アレルギー予防に美肌の効果があるとか

ヤクルトを飲んで腸トレを!
腸内の構造を説明された後、皆さん揃って腸のトレーニング(腸トレ)を 聞きなれない言葉でしたが、要はヤクルトを飲むだけ 缶コーヒーなどを飲む時のようにフタを開ける前によく振り、腰に手を当て(笑)慌てずにグビグビッと飲み干すのがポイントのようです

座って行なう腸の体操を!
続いて、腸の体操を行ないました 座って出来る体操で、ウォーミングアップから姿勢づくり、そして踏ん張る力や押し出す力を養うなど、かかる時間は10分程度 テレビを見ながら簡単に出来るということで、「毎日続けることが大事ですので、ご自宅でも実践してくださいね」とおっしゃっていました

ハンドマッサージで腸を元気に!
最後に、ヤクルトさん特製の乳液を使ってハンドマッサージを 手のひらや指にも、腸の健康を維持するツボがたくさんあるそうです 「私に続いて、大きな声で掛け声を」と管理栄養士さん 素直な参加者さんたちは「ス~リ・ス~リ・ス~リ、ス~リ・ス~リ・ス~リ」と、室内に響き渡るような声でリズムをとっていました

お土産をいただきました!
1時間ほどの講座が終わった後、ヤクルトさんから素敵なお土産がありました 豆乳や黒酢ドリンクなど健康に役立つものばかり 思わぬプレゼントに、皆さん、満面の笑みとなってご自宅へと帰られていきました これらを飲んで、さらに健康で快適な生活を送ってくださいね

福祉用具講座を開きました!

11月10日(金)、船方コミセンにお邪魔しました この日のカリキュラムは、おひさまクラブでは初の試みとなる「福祉用具講座」 お元気な参加者さんが多いのでまだまだ先の話とは思いますが、ご家族やお友達のためにも知っておくのもいいのかもしれませんね

福祉用具についての講座を!
講師をしてくださったのは、“パナソニック エイジフリーショップみなと”の店長さん 取引先の一つである熱田区デイサービスセンターからの紹介により、今回の講座を行なうことができました ちなみに、同センターは熱田区社協の事務局と同じ、熱田区役所の6階にあります

杖に、歩行器に…
今回紹介いただいたのは、杖や歩行器、手すり、そしてシャワーチェアーなどの入浴用具でした 1点杖は対象外で4点杖は対象内というように、介護保険適用のものがあれば、それが効かないものも また最新式の歩行具には坂道に対して平行になるように感知する機能が付いていて、さらには歩行距離を音声で教えてくれるものがあるそうです

手すりやお風呂場用具を…
ご高齢の方の事故が起きる場所として現在一番多いのが、意外にも浴室なんだそうです(段差で滑ってしまう、ヒートショックなどなど) 講師の方によると、月々100円から300円で、福祉用具は購入するよりリースの方が断然お得ということですが、入浴関連のものだけは衛生の面から購入のみ それでも3000円くらいだとか

皆さん、興味深げに!
今まで触れる機会がなかったとみえて、皆さん、興味津々といった感じで聞いていました 特に、後ろに座っていた男性参加者さん・サポーターさんは立ち上がり、前のめりになるかのように お話が終わった後には、参加者さんからの質問が矢継ぎ早に飛んでいました

実際に手に取って!
最後に、実際に持って来られた杖や手すりなどを手に取り、また歩行器を使っての歩き心地を確かめていました そして同社のカタログも一緒に 冒頭で書いたように、皆さんにとってはまだまだ必要のない用具かもしれませんが、いざとなった時には今回のお話を役立ててくださいね

障がい者施設で交流を!

11月2日(木)、木曜班(白鳥コミセン・旗屋コミセン)の参加者さんたちと熱田区神宮にある障がい者施設「サポートセンターbeingあつた」にお邪魔しました 同施設の地域貢献活動の一環としておひさまクラブに声が掛かり、昨年に引き続き今回で2度目 皆さん、こうした交流を楽しみにしているようでした

良いお天気で…
この日は、暑くもなく寒くもないという絶好のお出かけ日和となりました 10時頃に近くの神宮郵便局に集合の予定でしたが、私たち職員が到着した時にはもうすでに 4年前まで行なっていた“あつた福祉イベントキャンペーン”での対象施設の1つだったこともあり、おひさまクラブの参加者さんにとってはお馴染みの場所なんですよね

まずは施設の概要を…
まずは職員の方から、「あつた授産所」という名称で始まったことや、現在行なっている事業内容の説明がありました その中の1つに生活介護事業があり、配食作業・絞り染め作業・受託簡易作業を中心とした生産活動や創作活動などが 某ボールペンメーカーやこの地方では有名なお弁当屋さんからの受注がたくさんあるそうです

作業風景を見て回りました!
各コミセン2チームに分かれて、その作業風景を見て回りました そこには、約20名ほどの利用者さんが黙々と作業を 参加者さんたちは職員の方から作業の工程について熱心に聞いていたり、利用者さんのそばに寄っていき「これはどうなってるの」とか「大変だねぇ~」などと声を掛けられていました

授産製品を買われていた方も…
見学のゴール地点に、絞り染めのハンカチやTシャツといった授産製品が置いてあり、それらを購入されていた方も スタンプラリー形式で回る“あつた福祉イベントキャンペーン”で、各福祉施設を訪れた際によく購入されていたのを思い出しました なお、これらの授産製品は定期的に金山駅のコンコースで販売されているそうです

お昼ご飯の時間に交流を!
参加者さんたちのためにお昼ご飯も用意してくださり、最後に利用者さんと一緒に昼食を摂りながらさらなる交流を深めていました 残念ながらそのベストショットは写真に納めることができませんでしたが、皆さん、和気あいあいと また来年もこういった機会があるといいですね

11月のカレンダー作り

10月27日(金)、野立コミセンにお邪魔しました この日のカリキュラムは、参加者さんたちが楽しみにされている毎月恒例のカレンダー作り この会場には月別のカレンダーの写真を収めたアルバムを持って来られる方がみえるのですが、この日もいつも通り歴代のカレンダーを見て懐かしんでいました

11月のカレンダーの見本
11月といえば…子どもの成長を祝い、これからの健康を願うイベントである七五三がありますよね ということで、七五三で着る男の子と女の子のお着物と、11月中旬に黄葉となり見頃を迎えるイチョウを飾り付けることにしました ちなみに七五三は、江戸幕府第5代将軍の徳川綱吉が長男の健康を祈って始まったとされているそうです

七五三の衣装を作りました!(1)
まず最初に、青い折り紙で男の子のお着物、ネズミ色の折り紙でハカマを作っていました 男女を問わず3歳までは坊主にする習慣があったそうで、3歳の時に髪を伸ばし始める儀式として そして5歳の時に(江戸時代の武士が公の場で身に着ける盛装であったことから)ハカマを着用してお祝いをするといった儀式が男の子の七五三ということです

七五三の衣装を作りました!(2)
続いて、赤色の折り紙で女の子のお着物を作っていました 女の子は7歳の時に女性として社会の一員になるといった意味合いで、3歳まで着物を結んでいた付け紐(つけひも)から成人と同じ丸帯(まるおび)をつけ始める儀式を そして白色の折り紙を被布(ひふ)に見立て、先ほど作ったお着物にくるんでいました

おひさまクラブならではの…
カレンダー作りの記事の時には何度か書いていると思いますが、作業が早い参加者さんやサポーターさんが同じ島に座っている方のフォローをするという、他の会場と同じような微笑ましい光景がみられました ご高齢の方の孤立が叫ばれているのをよそに、おひさまクラブには何をするにしても助け合いの構図が出来ているんですよね

4種類のイラストから…
今回は4種類の中からイラストを選んでもらいました 土曜日のところには青色を、日曜日のところには赤色を、そしておひさまクラブの活動日にはお好きな色で塗られる方のほかに、個人的なスケジュールを色分けしてみえる参加者さんが 翌週に迫った福祉会館の演芸大会で、歌われる曲を口ずさみながら作業を続けられていました

スマホでチェックを!
イラストの一番人気は「ザクロ」でした そのザクロの色はと言えば、おおまかに赤とまでは分かるんですけど、詳しくは… ちょうどサポーターさんがスマートフォンを持ってきていたので、皆さん、改めてザクロの色をチェックしていました

イチョウを作りました!
最後に、黄色の折り紙でイチョウを作っていました この時期の定番だけに、多少の作り方の違いはあれど過去幾度となく作っているということで、参加者さんたちにとってはお手のもの 折り紙をちょっと複雑に折り、それに下書きを入れて慎重にハサミで切りはなしたところで、今回の全パーツが出来上がり

出来ました!
それではもう恒例となりました、出来上がったご自分の作品との2ショット写真を撮らせてもらいました カリキュラムの終わり頃、今月お誕生日を迎えられた方に“ハッピーバースデートゥーユー”を歌い、全員でお祝いを 「ここまで生きてこられたのが奇跡のような気がします」と謙遜されておられましたが、いえいえまだまだこれからです
プロフィール

熱田区社協

Author:熱田区社協
「おひさまクラブ」ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR